”ともだちin神戸”
東日本大震災者に、保健師や健康運動指導士の専門職による集会所での体操教室開催を通じて、入居者の閉じこもり予防、ADL向上、コミュニティづくり、こころのケアを行うボランティア団体。
このたび、仙台で行われた震災の国際シンポジウムに行ってきました
英語と東北弁が交差し、頭がパニック
翻訳機をもってしてもよくわからない・・・
なんとか理解したことは、アジアでも色々な災害が起こっていて、
各国のえらい人や頭のいい人たちが口を揃えて
「備え」が大事だ~といっていました
みなさんは備えをしていますか?
私はなんだかんだでちゃんとできてないです
被災した保健師さんが、次に震災が起こったらすぐに応援に行けるように
自家用車に荷物を積んでると聞いて脱帽でした。
まだまだ落ち着かない日々でしょうに・・・


それから、対応がよかった事例としてKOBEが
出てきました。私はKOBEの地震の時は神戸にいなかったのですが
とても誇らしくてうれしい気持ちになりました。
そして何度も「エデゥケーション」と言っていたので
これまでの災害の教訓を生かしていかなければという意味で理解しました。


神戸から東北へそして世界へ・・・
神戸から東北へそして未来へ・・・


言葉がわからないからか、なんともグローバルな気持ちになりました


AO

備えが大事と言いながらも...
我が家も備えが十分とは言えませんなぁ~

エデュケーションしてもらったから、行動せねばやねっ!(^-^)/

インターナショナル、お疲れさま~♪
N.O
[2013/03/10 01:01] URL | #- [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ともだちin神戸

Author:ともだちin神戸
ともだちin神戸ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR